電磁波に撃たれて眠りたい!

〜俺達しかやれない 世界だけを狙え〜

Eclipse + EGitプラグインのみでBitBucketと同期する

どうやらEGitプラグインだけで、リポジトリのクローン→クローンしたローカルリポジトリとの接続→プロジェクトインポートまでが一括でできるようなので手順をメモしておきます。

前提条件

・公開鍵と秘密鍵を作成し、BitBucket上に設定されていること

・すでに$HOME/.sshディレクトリにbitbucket.orgにSSH接続するためのconfigファイルが作成されていること

Eclipseの設定→チーム→Gitの「デフォルト・リポジトリー・フォルダー」に適切な値が設定されていること

この1つ前のエントリで書いた内容が参考になるかもしれません。。。。。

手順

1.Eclipseを起動してJavaパースペクティブを開き、パッケージエクスプローラー上で右クリック→インポート

2.「インポートソースの選択」から「Git」→「Gitからプロジェクト」を選択→「次へ」

3.「Select Repository Source」画面で「URI」を選択→「次へ」

4.「ソースGitリポジトリー」画面で、下記の内容を入力して「次へ」

  最初にプロトコルに「SSH」を選択し、URISSHが表示されたあとに下記の内容を上から

  順番にコピペしていくほうが楽です。

  ロケーション

   URI: git@bitbucket.org:nish/musclealarm.git (※BitBucketのリポジトリトップに表示されてるやつ)

   ホスト: bitbucket.org (※自動で入る)

   リポジトリーパス:nish/musclealarm.git (※自動で入る)

  接続

   プロトコルSSH

   ポート:空欄でOK

  認証

   ユーザー: git (※自動で入るのでそのままで)

   パスワード:空欄でOK

   セキュアストアに保管:よくわかんないのでチェックしてみた

5.「ブランチ選択」画面が表示されるので、masterを選択。

6.「ローカル宛先」画面が表示されるので、ディレクトリー欄が

  前提条件に書いたデフォルトリポジトリフォルダーになっているかどうかを確認。

  初期ブランチはmaster、リモート名はoriginのままとした。

7.「XXXXXから複製中」画面が表示され、リモートからローカルにリポジトリ

  クローンされる。

8.「プロジェクトをインポートするためのウィザード」というフレームが有効に

  なったら、ローカルへのクローンは環境しているので、あとはローカルリポジトリ

  からプロジェクトをインポートします。

  「既存プロジェクトのインポート」を選択して「次へ」

9.「プロジェクトのインポート」画面で、さきほどローカルクローンしたリポジトリ

  が表示されているはずなのでチェックを入れ、「完了」を押す。

   

10.パッケージエクスプローラ上にプロジェクトソースがインポートされます。

11.インポートが終わるとプロジェクトアイコンに「!」マークがつくことがある。

   コンソールに「Android requires compiler compliance level 5.0 or 6.0.

   Found '1.7' instead. Please use Android Tools > Fix Project Properties.」

   と表示されていたら、プロジェクトを右クリック→「Androidツール」→

   「プロジェクトプロパティーを修正」すると直る。

実行する手順はひとつのウィザードで流れるように行われますが、実際は1〜7がリモートからローカルへのリポジトリクローン、8〜11がローカルリポジトリに接続して、リポジトリからEclipseへソースをインポートするという処理になります。

接続が成功していると、プロジェクトを選択して右クリック→チームを選んだ時に表示させるメニューに「コミット」「アップストリームへプッシュ」「プル」といった項目が表示されます。