読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電磁波に撃たれて眠りたい!

今日も電磁波浴びまくりのIT業界で働く@mamohacyがガジェット/クラウド/IT業界を語ってくブログ

ノートや手帳にコンチョを後付けできちゃうスゴいシール式ベルト

日記

1年半ほど前にiPhoneを購入してからというもの、手帳をまったく使わなくなってしまいました。 もともとIT業界にいながらアナログなことも好きだった自分はみんながオンラインやPCのツールなんかでスケジュール管理やToDo管理しているのを尻目にシステム手帳でその両方を管理していました。

が、過去のエントリ「クラウドとスマートフォンが僕らにもたらしてくれたコト」でも書いた通り、iPhoneの登場によってオンラインであるかどうかをまったく意識せずスケジュールやデータを扱えるようになってしまった結果、システム手帳の出番がゼロになってしまいました。 それはそれでとても便利だったのですが、致命的な障害が発生しました。

それは、極端な記憶力の低下です。

今の現場で自分が提案して自分からやったある仕事があるのですが、その内容を忘れるばかりかやったことすら記憶から消えていたのです。それ以外にも、直近でやった作業を忘れていたり、作業の内容を深く理解せず「やったという事実」しか記憶しておらず、その内容をひとかけらすら覚えていないという恐ろしいこともおきました。

自分が1ヶ月前にやった作業をやったはずなのに内容を覚えていない。。。。

正直、自分が怖くなりました。 この原因は間違いなく、手帳に手書きをし、その不整合で汚い自分の字を読み返すことで記憶力を補完するという行為をしなくなってしまったからだと思います。

自分にとってPCでなにかすることはあまりにも簡単、というか当たり前すぎて刺激が少ないために、脳に記憶を定着させるためのTriggerを作ることが出来ないのです。 このままでは若年性痴呆症になってしまう! ということで、非効率であることを承知の上でアナログな作業をやることに決めました。

 

まずはプライベートのスケジュール管理をすべて手帳に戻すことからスタートしようということで、早速いつもの丸善丸の内店に手帳を買いにいきました。 僕はひと月のスケジュールが縦に全部並ぶ「月間横ケイ」というタイプが好きです。定常的に何曜日に何をするといったことが少ないですし、通常のカレンダータイプだと週末をまたいだりするような長い期間予定が見難くなってしまうのが嫌だからです。縦にスケジュールを並べられることで、月のどのタイミングが一番忙しそうか?というのが一目で把握できるのでシステム手帳時代から気に入って使っています。 IMG_3107.JPG ↓手帳:2012年4月始まり No.813 ニューダイアリーアルファ3 <黒> || 「手帳は高橋」高橋書店

http://www.takahashishoten.co.jp/notebook/978-4-471-71813-8.html

 

でまぁ、手帳はいいんですが、今回丸善の4Fで手帳を漁ってるときに、こんなツールを見つけました。

 

↓ミドリ|商品紹介|ベルトシール http://www.midori-japan.co.jp/products/2010_18/

これ、要するにただの手帳に手帳が開いてしまわないようにするベルトを後付けできるという商品です。 僕が買ったのはマグネット式ですがほかにもスナップ式などもありデザインもたくさんあります。

IMG_3105.JPG IMG_3106.JPG

500円くらいの商品なんだけど、これがあればどんな手帳もシステム手帳風に早変わりできます。 中に何か紙などを挟んでも落ちにくくなるし、なによりペンホルダーを追加できるのがスゴい便利です。 こういう発見があるから文房具屋に出入りするのは止められません(笑) さておき、とりあえず手帳の導入で記憶力の劇的低下が阻止できるのか? まずは元通りアナログ管理するように生活スタイルを戻すことから再スタートです。