電磁波に撃たれて眠りたい!

〜俺達しかやれない 世界だけを狙え〜

Ubuntu12以降で頻発するapport関連エラーポップアップを止める方法

自分は現在Ubuntu13.04をメインで使用しているわけですが、どうも12を入れたあたりから、クラッシュレポートのような画面が頻出するようになりました。

 

調べたら、12.04から「Appot Error Reporting」なるものがデフォルトで有効になっている模様。

 

↓How to Disable, Stop or Uninstall Apport Error Reporting in Ubuntu  ·  How to Ubuntu
http://howtoubuntu.org/how-to-disable-apport-error-reporting-in-ubuntu#.UnyNoFRdV38

 

Ubuntu 12.04 is the first release of Ubuntu that ships with Apport Error Reporting

enabled by default, and as a result, you may get a large quantity of Internal System

Error popups inside Ubuntu. Similar popups may also read Sorry, Ubuntu 12.04 has

experienced an internal error. These popups are part of Apport, an internal

debugger which automatically generate reports to submit for packages that crash.

Many reports can't be filed or have already been filed, and as such it is usually safe

to turn off.

 

Ubuntuの12.04は、ApportErrorReportingが同梱され、デフォルトで有効になった最初のリリースバージョンであり、その結果、Ubuntuの画面に大量の内部システムエラーのポップアップが表示される可能性があります。多くのポップアップはそのほどんどが「Ubuntu12.04は、内部エラーが発生しました」といったものです。これらのポップアップはApport機能の一部で、パッケージのクラッシュレポートを自動的に生成する内部デバッガによるものです。殆どのレポートは提出することができないか、またはすでに提出済みのものなので、この機能をオフにしたとしても通常は問題ありません。

 

(mamohacy訳)

 

 

まぁいずれにしてもなくても困らないことがわかったので、この際だから動作を止めてアンインストールしてしまいましょう。

  

$ sudo service apport stop

$ sudo apt-get purge apport

  

これで出なくなりました。

余計な機能いれるなっつーの。。。。