読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電磁波に撃たれて眠りたい!

今日も電磁波浴びまくりのIT業界で働く@mamohacyがガジェット/クラウド/IT業界を語ってくブログ

Mac OS XでUbuntu14.04LTSのLinuxLive USBを作る

毎回ググっていたので自分のためにも備忘録。

 

1. Ubuntu公式サイトからisoイメージをダウンロード

Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロード | Ubuntu Japanese Team https://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix

64bit版の14.04LTSのisoイメージをダウンロード

 

2. isoイメージをUDIF読み書き可能イメージに変換

USBに書き込む前にisoイメージをこのフォーマットに変換しておく必要があるらしいです。 出力ファイル名はなんでも良いのですが、今回はUbuntuのイメージ名に合わせてみました。

$ hdiutil convert -format UDRW -o ubuntu-ja-14.04-desktop-amd64.img ubuntu-ja-14.04-desktop-amd64.iso

変換が終わると、なぜか【出力ファイル名】.img.dmgというファイルが出来上がります。 ファイル名を指定した意味は(汗)

 

3. USBをフォーマット

ディスクユーティリティを使って、FAT32でフォーマットします。

4. 書き込む

USBをさしてない状態とさした後で

$ diskutil list

を実行し、マウントポイントを調べます。かりにこれが/dev/disk2だとすると

$ diskutil unmountDisk /dev/disk2

と打って、USBメモリをアンマウントします。 なぜかこの後、

$ diskutil list

と打つと、アンマウントされたはずのディスクが表示されてしまいますが 自分の場合はこのまま続けてもうまくいきました。

$ sudo dd if=ubuntu-ja-14.04-desktop-amd64.img.dmg of=/dev/disk2 bs=1m

あとは適当にアンマウントして取り外すだけです。

 

【参考にさせていただいたページ】

MacでBOOTABLE USBを作成する!【USBブート】 - TACATAKATACA BLOG http://tacatakatca.hatenablog.com/entry/20140202/1391322723