電磁波に撃たれて眠りたい!

〜俺達しかやれない 世界だけを狙え〜

「rEFInd」でOptionキーを押さずにブートセレクタを起動する

うちのMacは嫁さんのたっての希望でBootCamp入れてWindows7とDualBootにしているのですが、ブートパーティションを選ぶのにLinuxgrubみたいなのがなくて、起動時にわざわざoptionボタンを押しっぱなしにしないとブートセレクタが出てきません。

↓純正のブートセレクタ画面。左のEFI Bootが本来はMacintosh HDになる。

純正ブートセレクタ

私はあまり長いMaccerではないので知らなかったのですが、ブートセレクタとして有名な「rFEIt」というアプリケーションがあるらしいのですが、どうやらそれがこの3月末で「rEFInd」というプロジェクトに引き継がれたらしいので、今回はコイツを導入してみます。

↓rEFIt - An EFI Boot Menu and Toolkit。これが古い方。

 上のほうに「長い事メンテナンスしてなくて、rEFIndという分岐したプロジェクトで

 開発を続けてるよ」って書いてある。

http://refit.sourceforge.net/

↓The rEFInd Boot Manager

http://www.rodsbooks.com/refind/

rEFIndサイト

ぱっと見、ちゃんと英語読まないと有料ソフト?っておもっちゃいますが、ただのドネーションウェア(カンパウェア)です。左側のContentsにあるGetting rEFIndからダウンロードできます。

↓The rEFInd Boot Manager: Getting rEFInd

http://www.rodsbooks.com/refind/getting.html

このページの「A binary zip file」っていうところからダウンロードできます。

ダウンロードしたzipファイルを解答して、readme.txtを読むと、

>The easiest way of installing rEFInd is generally to

>use the install.sh script; however, you must be running

>under Linux or OS X to do this. If you're using either

>of those OSes, simply typing "./install.sh" willgenerally

>install rEFInd.

とあるので、finderで解答したフォルダを選択して右クリック→新規ターミナルで

開くを押してターミナルを起動し、指定された通りにinstall.shを起動します。

$ ./install.sh 

Not running as root; attempting to elevate privileges via sudo....

Password:

Installing rEFInd on OS X....

Installing rEFInd to the partition mounted at '//'

Copied rEFInd binary files

Copying sample configuration file as refind.conf; edit this file to configure

rEFInd.

WARNING: If you have an Advanced Format disk, *DO NOT* attempt to check the

bless status with 'bless --info', since this is known to cause disk corruption

on some systems!!

Installation has completed successfully.

$

インストールはこれだけで完了。リブートすると自動的にMacパーティションとBootCampのパーティションの両方が表示され、カーソルキーで選択できるようになります。

refind

先に画像で出しちゃってますが、このrEFIndを導入しても、OPTIONキーを押しながら起動すると普通に純正のブートセレクタが起動します。一番左のEFI Bootを選ぶとrEFIndが起動します。とはいえ、こんど通常のブートセレクタを使うのは復旧データを使わなきゃならない状況になった時でしょうね。