読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電磁波に撃たれて眠りたい!

今日も電磁波浴びまくりのIT業界で働く@mamohacyがガジェット/クラウド/IT業界を語ってくブログ

UbuntuでGUIログインできなくなった時の対処法

先日、普段通りUbuntuを使っていたはずなのですが、いきなりGUIからログインできなくなりました・・・。

OSはUbuntu12.10、デスクトップ環境はLXDEです。 動きとしてはGUIのログイン画面が表示されるものの、そこにパスワードを入れてEnterキーを押すと、一瞬画面が暗くなってすぐにログイン画面に戻ってくるという症状です。

いろいろ調べてみて、~/.Xauthorityファイルを消すだとか、ホームの物理ファイルをすべて消すだとか記載があったのですべて試してみたのですがやっぱりダメ。 どうしたもんか・・・と困り果てていたのですが、ふと何かの拍子にdfコマンドを打ってみたら、とんでもないことが発覚しました。

>df
Filesystem     1K-blocks     Used Available Use% Mounted on
/dev/sda8       19077852 11197008   6911732  62% /
udev              501100        4    501096   1% /dev
tmpfs            4430091      860    202676   1% /run
none            41373056 41373056         0 100% /home

/homeの領域使用料が100%になっています。。。

 

そういえばこの直前に、合計で40GBもあるファイル郡をとりあえずという軽い気持ちでホームディレクトリ配下にまるごとコピーしたことを思い出しました。

もしかしたら・・・という気持ちで下記の作業をやってみることにしました。

 

①いつものユーザーでCUIログイン

②USBメモリを挿してマウント(exFATフォーマット)

③ファイルをUSBメモリに移動

④GUIログインをリトライ

 

ということで以下詳細。

①いつものユーザーでCUIログイン

GUIログイン画面が表示されたあと、Ctrl + Alt + F1でCUIログイン画面が表示されます。  F1キーはF2〜F6まで、6つあります。(それぞれtty1〜7に対応)  GUIに戻るには Alt + F7 を押します。  CUIログイン画面が表示されたら、いつもGUIログインしているアカウントを使ってログインします。

 

②USBメモリを挿してマウント(exFATフォーマット)  

移動させたいファイルの総計サイズがバカでかいので、Macでも使えるexFATフォーマットされたUSBメモリを使います。Ubuntuは標準でexFATフォーマットをサポートしていないので、まずはリポジトリ追加してexFATフォーマットに対応させます。 まず最初はexFATフォーマットへの対応です。

  > sudo add-apt-repository ppa:relan/exfat
  > sudo aptitude update
  > sudo aptitude upgrade
  > sudo aptitude install fuse-exfat

リポジトリを追加したらアップデートしておかないとinstallコマンドに引っかからないので注意です。  次にexFATフォーマットされたUSBメモリをPCに挿し、認識されているデバイス名を調べます。

 >sudo parted -l
[sudo] password for mamohacy: 
・・・・・・
モデル: Lexar USB Flash Drive (scsi)
ディスク /dev/sdb: 32.1GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: msdos

番号  開始    終了    サイズ  タイプ   ファイルシステム  フラグ
 1    1024B   2000MB  2000MB  primary  fat32
 2    2000MB  32.1GB  30.1GB  primary

ファイルシステムに表示されていませんが、No.2のパーティションがexFATでフォーマットされた領域になります。  これで/dev/sdbとして認識れていることがわかったので、マウントポイントを作ってマウントします。

 >sudo mkdir /mnt/usb1
  >sudo mount -t vfat /dev/sdc /mnt/usb1

 

③ファイルをUSBメモリに移動  

ホームディレクトリ配下にあるでかいファイルをディレクトリごとusbメモリに移動します。

 >cd ~
  >mv -v ./20130308 /mnt/usb1/

-vオプションを付け忘れると何をしているのかさっぱりわからなくなるので注意

 

④GUIログインをリトライ  

もう一度dfコマンドを実行し、/homeのパーティションに空きが十分にできていることを確認できたら、Alt + F7キーでGUIログイン画面に戻り、ログインを試します。 僕はこれで見事復旧しました。もしかしたらUbuntuのバージョンアップ後に急にログインできなくなった人で、.Xauthorityファイルを消しても治らない人はこのあたりを探ってみると良いのかもしれません。

 

【参考にさせて頂いたページ】

↓Ubuntu のログインを CUI に変更する|mattintosh note
http://mattintosh.blog.so-net.ne.jp/2012-02-28_ubuntu_login_cui

↓Ubuntu で exFAT を使ってみる
http://www.kkaneko.com/rinkou/linux/exfat.html

↓USBメモリのマウント - piropirostarの日記 http://d.hatena.ne.jp/piropirostar/20120122/1327225310

↓UbuntuでUSBメモリのマウントポイントを調べるコマンド - Symfoware http://symfoware.blog68.fc2.com/blog-entry-756.html